Category Archives: アジア

【実施報告】医療機器 米国FDA-UDIデータベース登録 超実践セミナー

2015年10月7日(水)13:30〜16:30  AP秋葉原ホールにて当社主催にて米国輸出実績のある国内医療機器メーカー様向けに「医療機器 米国FDA-UDIデータベース登録 まったなし!超実践セミナー」というタイトルを冠したセミナーを実施いたしました。

55社102名のお客様のお申し込みをいただき、当日は92名の方にご出席いただきました。地方からの出張扱いでのご出席いただいたお客様もおいでになり、感謝いたしております。FDA-UDIデータベース登録規制への対応が、多くの企業の課題になっていることを改めて実感いたしました。

Continue reading

商品マスターから商品情報へ

「商品マスター」と「商品情報」の違いは何か?

これは、私たち1WorldSyncが常に議論しているテーマの一つです。「商品マスター」は、小売業やメーカーの業務システムを構成する一属性として、POSレジや受発注システムを運用するための、いわば従来型のデータです。これに対して「商品情報」は、商品マスターを包含する上位概念として、デジタル・マーケティング時代に求められるデータ形態であると私たちは考えています。

Continue reading

GDSNを活用した米国UDI規制の対応

UDIとは、Unique Device Identificationの略であり、米国食品医薬品局(FDA)による医療機器の識別に関するルールや管理システムのことである。2013年9月に、これに関する法令が制定され、米国における医療機器の製造、販売者はこの影響を受けることになった。 UDIの目的は、米国内で販売される医療機器を正しく識別することで、偽物の判別を容易にし、医療機器のリコールプロセスなど、医療業界全体の効率化を図るためである。すべての医療機器メーカーは、FDAのルールに従って固有の識別子を製品に付番することが求められ、ラベルやパッケージに表示することが義務付けられる。また、FDAが新たに構築するGlobal UDI Database(GUDID)に規定のデータを登録、維持することが要求される。UDIの対象となるのは、米国内で流通されるすべての医療機器であり、FDAが定めた管理クラスによって以下の通り対応期間が定められている。 Continue reading

國際接軌、在地支援 – 搭起連結世界的橋樑

國際貿易收入為亞洲出口國重要的經濟來源。在交易實務中,從接洽至確認訂單等作業,需要付出很多心力;而後端在工廠生產、出貨又是一番奮戰。但有些問題是出現在商品資料提供錯誤而導致衍伸性的問題,例如:資訊不正確導致客戶無法持續下單、發票金額錯誤導致帳務問題、長寬高資訊不一致導致運輸成本增加…等等。自2007年起,美國通路商開始要求亞太地區供應商加入GDS,持續到今天,逐步擴大導入範疇;全球最大零售商針對GDS的導入要求,日前在亞太區展開;全球最大多管道銷售3C電器的零售商,則是今年八月一日發佈了導入的通知給供應商,期望透過GDS收到100%的商品資料。台灣甚至已經有供應商,即將與三家不同的美國零售商同步商品資料。GDS在亞洲的動態持續發展中。 Continue reading

APIによる商品情報共有で何が変わるのか

GDSN(グローバルデータ同期化ネットワーク)は、ブランドオーナー(商品の製造者、PBオーナーなど)データ受信者に対し、常に最新の商品情報(または企業情報)を共有できるように考えられた仕組みです。GDSNは企業間における情報共有に重点が置かれ、これまではサプライチェーン最適化のための商品の寸法や入数、受発注に関する情報が主な内容でした。

Continue reading

商品情報管理、共有におけるユーザーインタフェースの利便性について

2014年1月、1WorldSyncにおけるアジア・パシフィックのすべての事業は、旧SA2 Worldsyncの日本支店から、新たに設立した日本法人1WorldSyncJapan合同会社に移行しました。1WorldSync Japan合同会社は、これまで同様、イオングループのPIMの運用、サポート、GS1オーストラリアのサポート業務をはじめ、日本国内のサプライチェーン、B2C向けの商品情報の配信、管理を手助けする仕組みを日本市場向けに展開してく予定です。

Continue reading