All posts by Soo Suk Park

General Manager, Asia-Pacific

GDSNを活用した米国UDI規制の対応

UDIとは、Unique Device Identificationの略であり、米国食品医薬品局(FDA)による医療機器の識別に関するルールや管理システムのことである。2013年9月に、これに関する法令が制定され、米国における医療機器の製造、販売者はこの影響を受けることになった。 UDIの目的は、米国内で販売される医療機器を正しく識別することで、偽物の判別を容易にし、医療機器のリコールプロセスなど、医療業界全体の効率化を図るためである。すべての医療機器メーカーは、FDAのルールに従って固有の識別子を製品に付番することが求められ、ラベルやパッケージに表示することが義務付けられる。また、FDAが新たに構築するGlobal UDI Database(GUDID)に規定のデータを登録、維持することが要求される。UDIの対象となるのは、米国内で流通されるすべての医療機器であり、FDAが定めた管理クラスによって以下の通り対応期間が定められている。 Continue reading

APIによる商品情報共有で何が変わるのか

GDSN(グローバルデータ同期化ネットワーク)は、ブランドオーナー(商品の製造者、PBオーナーなど)データ受信者に対し、常に最新の商品情報(または企業情報)を共有できるように考えられた仕組みです。GDSNは企業間における情報共有に重点が置かれ、これまではサプライチェーン最適化のための商品の寸法や入数、受発注に関する情報が主な内容でした。

Continue reading

商品情報管理、共有におけるユーザーインタフェースの利便性について

2014年1月、1WorldSyncにおけるアジア・パシフィックのすべての事業は、旧SA2 Worldsyncの日本支店から、新たに設立した日本法人1WorldSyncJapan合同会社に移行しました。1WorldSync Japan合同会社は、これまで同様、イオングループのPIMの運用、サポート、GS1オーストラリアのサポート業務をはじめ、日本国内のサプライチェーン、B2C向けの商品情報の配信、管理を手助けする仕組みを日本市場向けに展開してく予定です。

Continue reading